代表メッセージ

大人から子供まで
安心して楽しめるレイヴを大阪から
「みんなが手ばなしで笑顔になれる場所、レイヴ」

私がレイヴというカルチャーやクラブミュージックに初めて触れたのは15歳の頃でした。刺激的で、常に新鮮なダンスミュージックを浴び、そこで出会うたくさんの友達。真剣にシーンを思う音楽家やDJ、クラブオーナー等々...私はその世界の素晴らしさにのめりこみました。

しかし、それとは間逆にTVや世間は「クラブ」は「レイヴ」は麻薬の巣窟だとか、過剰なまでに悪のレッテルを貼り続けます。 いや、しかし”火の無いところに煙は立たない”と言うように、確かに逮捕者がいたり、なにかとグレーなイメージが付きまといます。また、そういった事もあって、クラブでは入場時のIDチェックを強化するなど、未成年がクラブミュージックにふれる機会がどんどん減っています。

このままではレイヴやクラブの未来は危ない!と危機感を感じた私は、誰もが安心して楽しめるレイヴを開催しようと決意しました。それがレイヴ大戦です。

アルコールを一切禁止し、場内は禁煙、学生の財布に優しい入場料無料での開催!レイヴ大戦をスタートさせて11年目になりますが、おかげさまで、レイヴ大戦にはベビーカーで赤ちゃんを連れて遊びに来るお母さん達や、大人に混じってフロアで飛び跳ねるお子様も増えてきました。勿論、団塊の差代であろうお父さんお母さんにもご来場いただいていますし、恥ずかしながら私やメンバーの両親や親戚も遊びに来ます。(照)

私は、レイヴ大戦を通じ、みんなで素晴らしい音楽を分かち合う楽しさを伝え、マナーと意識の向上に注力し、レイヴそのものをピュアで健全なものにし、胸を張って次世代に伝えていけるモノにしていきたいとと思っております。

今後とも、ご理解ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。